toggle
2021-12-23

【diary】個性×気品があふれ出す。ミカドサテンのドレス〜前編〜

Bonjour ! Carlier Coutureです。

クリスマスムードが高まる中、いかがお過ごしですか?

空気も乾燥し、朝晩の冷え込みも強くなってきました。

暖かなクリスマスをお迎えくださいね。

 

今回ご紹介させていただく花嫁さまは、

当アトリエのアカウントを見ていたところ、

偶然にもご友人さまを見つけたことが縁となって

ご紹介にいたったという運命的な出会いから始まりました。

巡り合わせというのは実に不思議ですね♡

 

さて、花嫁さまは他のショップさまで検討を進めていたものの、

2Wayで着用したい、もう少し自分のこだわりを入れたい…

そんな思いを捨てきれなかったとのこと、

当アトリエにてフルオーダーすることを決めてくださいました。

 

お写真でも伝わるかと思いますが、

花嫁さまはスタイリッシュかつ、クールな印象。

パーソナルカラーは「ウィンター」

骨格診断は「ストレート」タイプなのですが、

複数のタイプにまたがることのない、

まさに「Winter x Straight」どストライクなタイプ!

 

まず、ドレスの形は花嫁さまの体形に合い、

何より花嫁さまがお好みであるとのことでマーメイド一択でした。

 

パーソナルカラーに合わせて

お色は青みを感じるくらいの「純白」

生地は光沢があって高級感とハリ感のあるものをご提案、

ミカドサテンが採用されました。

上品な光沢感とハリ感がお分かりになるかと思います!

 

ミカドとは「帝」のこと。

その名のとおり、ミカドサテンは最高級のサテン生地で、

上品な光沢に加え、密度が高くハリがあることで

確かな存在感に仕上がるのが特徴的です。

 

最初のお打ち合わせこそお一人でいらっしゃいましたが、

以降のお打ち合わせには、過去に当アトリエで

ウェディングドレスをお作りさせていただいたご友人さまも

ほぼ毎回のように遊びにきてくださいました♡

 

3人でワイワイ、あーだこーだ言いながら

決めていく時間が女子会的で最高に楽しかったです。

(もっとお写真を撮っておけばよかったです…)

 

難しかった部分はレース選びでしょうか。

花嫁さまのお顔立ちは大人顔と子供顔が合わさっていて、

それでいてなんともエキゾチック。

そんな魅力を引き出すためのレース選びは厳選し、

いくつものレースをお顔の下に当てさせていただいたものです。

 

今回の花嫁さまもそうなのですが、

骨格診断でのストレートさんにとって

ドレスの設計においてとても重要なことがあります。

 

それは、ウエスト位置がジャストウエストにくること。

え、そんなこと…?と思われたかもしれません!

でも意外と既製品ですと、身丈がピッタリ合うのは

レアな場合が多いんです。

 

レンタルドレスの場合、スカートの丈で調整はできても、

ウエストからビスチェ上端までの距離は修正できません

そこをきっちり合わせることができるのは

オーダーメイドならではの強みであります。


それと、マーメイドスカートのラインの絞り位置は

お客様それぞれで合うタイプが異なるのですが、

花嫁さまのリクエストにお応えして

今回は低めに設計したところ、大正解!

 

また、花嫁さまは2wayでの着用をご希望とのこと。

ブラウスをお作りすることは多々あるのですが、

今回はドレスドレス本体にもブラウスの生地を一部使用し、

完璧にマッチするよう細部までディテールにこだわりました。

 

ところで、さんざん悩んだレース選びでしたが、

どうなったかというと…

ぜひトレーンの部分にご注目ください!

個性のスパイスをほんの少し加えたエキゾチックなレース、

まさに花嫁さまのイメージにピッタリではありませんか?

 

花嫁さまをご覧になった方々の記憶に残る

後ろ姿になったのではないかと思っております。

ドレスは前から見た印象だけで決まるものではないんですね。

後ろ姿をどう見せるか。

それはトレーンの果たす役割も大きいのです。

ドレスって本当に奥深い世界ですね。

 

トレーンについてお伝えしたところで…、

次回に続きます!

年内の更新を目指します!

 

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

後編では最終フィッティングや

お式当日の様子をお伝えしていきます。

 

ここからはご案内です。

12月3日より姉妹サイト Ligne douce (リーニュ ドゥース)」にて

当アトリエのドレス生地から生まれ変わった

フォーマルアイテムの新商品の販売を開始しています。

 

早速ご注文をいただいており、本当にありがとうございます。

きんちゃくバッグやトートバッグ、レースマスク、袱紗など…

どれも日常使いを前提にした作りとなっています。

まだご覧になっていない方、レース好きの方、

ぜひ Ligne douce にも遊びにきてくださいね。

A très bientôt !

 

 

Carlier Couture 

Emilie

関連記事