toggle
2020-08-12

【order】個性派カラードレス/テラコッタ

Bonjour, Carlier Coutureです!

最近はなかなか更新もできていないのにも関わらず

いつもHPをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

さて、お盆休みに入っている方も少なくないかと思います。

いつもと違う夏…戸惑うことも多々ありますが

どうか皆さまも安全第一で良い夏をお過ごしくださいね。

 

さて、今日はHPでも、instagramでもご紹介させていただいている

こちらの花嫁さま。

多くの方にこちらのページをご覧いただいているようで、嬉しいです。

さらには、アトリエにお越しいただいている花嫁さまやお母様にも

「見ました!とっても素敵です!」と言ってくださっているのは

こちら↓

【order】made in Japanのシルクミカドドレス

 

今回は、秋冬の花嫁さまにもきっとご参考になる

カラードレスのご紹介です!

 

冬挙式の花嫁さま、

一番最初にお話しさせていただいた際には、

「冬だし、赤いカラードレスをイメージしています。」

とのことでした。

 

そして晴れて正式にご依頼いただいた際の

お打ち合わせでは、

「実は…ブラウン、ってどうですか?」

とお尋ねくださいました。

 

最初、ブラウン…?

はて、どんな仕上がりになるかな、

若くて華やかな花嫁さま、地味にならないかな、

と話し合いをしながら、イメージのお色味をお伺いしていきました。

 

ブラウン、と言っても、

オレンジ寄りの、いわばテラコッタカラー!

おしゃれで今っぽいメイクでもテラコッタ、

重宝するカラーですよね。

 

そこから、テラコッタ生地を検討する時間が始まりました。

 

個人的にはマットにしてしまうより、

少しでもツヤ感は欲しい、と感じていたので、

オーガンジーの光沢をオススメし、

ボリューム出しはやはりチュール!

中に入れるサテン含め、何パターンかの組み合わせを用意し、

詳しくは【order】made in Japanのシルクミカドドレス

に書いておりますが、ご遠方のお客様ですので、

そう何度もアトリエにお越しいただけません。

 

生地見本たちをお送りし、

ご新郎さまのご衣装決めの際に、合わせてご検討いただきました!

候補のスーツをご着用のご新郎さまが

生地見本を持っていただいているお写真を送っていただき、

それを元に、一緒に絞り込んでいきました。

 

(ご遠方の場合でも、お客様にご協力いただき

スムーズに進行できて本当に感謝です。)

 

お選びいただいた生地の組み合わせはご覧の通り!

実は、レイヤー全てのお色味が微妙に違います。

1色使いのカラードレスでも、奥行きが出るように

こだわった部分です。

 

また、日頃からゴールドのアクセサリーを愛用していたり

茶系のお洋服全般を着こなせるタイプの方は

一般的に「イエローベース」と分類されます。

 

(かなりざっくりした説明ですが↑

「ブルーベース」でも似合う茶色はありますが、テラコッタとは真逆の

紫味のあるココアブラウンなどがオススメ。

パーソナルカラー大好きなので、この話はまたいずれ、ゆっくりと。

 

 

話を戻しますが、「イエベ」の方ですと、

なおさら、このようなテラコッタカラーは

しっくり馴染み、かつ華やかになります。

日頃からおしゃれな花嫁さま、

直感的に選ばれておりましたが、さすがでした。

 

(「ブルベ」のわたしが着ようとしたものならば

顔色はくすみ、そして残念ながら華やかにはなりません…)

 

 

こちらのお写真は最終フィッティングにて。

(和室になっているのは、、、スルーでお願いします(^^;)

 

お人形さんみたいな可愛さの花嫁さま…♡

(背景がこんな感じにもかかわらず!)

本当に素敵でした。

 

そして当日のお写真です。

オレンジベースのブーケと、

目元のメイクが、さらに印象的な花嫁さまに!

 

 

やっぱり当日はフローリストさん、ヘアメイクさんも関わると

もともと素敵な方でも、さらにさらに!素敵になりますね。

ウェディングは舞台と一緒で、総合芸術だな〜

と思う瞬間です。

 

 

お色直し直後の一枚でしょうか?

照明によって、お色味の出方が変化、

色々な表情が楽しめますね。

 

ご新郎さまのスーツのお色味と合わせただけあって

とってもおしゃれな組み合わせ!!

 

 

バックスタイルもシンプルながら、

ヘアスタイルも相まって、とても綺麗です。

 

テラコッタカラー、

お色味自体はまだなかなかカラードレスでお目にかからない

ちょっと個性的なカラーだと思うのですが

こんなにも上品に着てくださり

わたしも思い入れ深い1着となりました。

 

さて、またもやInstagramより花嫁さまの

コメントを載せさせていただきます♡

製作の過程など、覚えていてくれているのが

作る側としては本当に嬉しい。

 

随分と引っ張ってしまいましたが、ようやくしっかりと記すことができました。

 

こちらに書き記す前に、Instagram

ウェディング情報を発信されている媒体さんで何度か取り上げられていたので

アップされる度に、ニンマリ、幸せな気分を頂いておりました。

 

まだまだ続いている未曾有の事態。

変わらざるをえないウェディングシーンですが、

いつか秋冬ウェディングを考えている花嫁さまの参考になればと思います。

 

そして何より、素敵なドレスを作らせていただいた花嫁さまに

改めましてありがとうございました!

またいつか何かの機会でお目にかかれたらいいなぁ。

 

それでは、どうか皆さまもお気をつけて

良い夏をお過ごしくださいませ。

Bonne vacances !!

 

 

 

Carlier Couture

 

 

⚠️文章、画像の無断転用、無断転載は固くお断り致します。

 

 

 

お問い合わせはこちらから

 

Follow us on Instagram !

関連記事