toggle
2021-12-29

【diary】個性×気品があふれ出す。ミカドサテンのドレス〜後編〜

Bonjour ! Carlier Coutureです。

寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

 

2021年も残すところ、あと2

こちらのdiaryが本年を締めくくるdiaryとなりそうです!!

 

 

ということで早速ですが、

マーメイドドレスを2wayご依頼いただいた

花嫁さまのお話の【後編】です。

 

ドレスが完成するまでの前編とあわせて
 
お読みいただけるとうれしいです。
 
前編はこちら→
 
 
後編では、
お小物合わせのエピソードからまいりましょう。
 
 
ウエディングドレスにベールが欠かせませんが
 
そもそもベールには花嫁さまの身を守るといった意味があります。
 
 
実はこのベールも長さやデザインの組み合わせによって

さまざまなバリエーションがあるのは

ご存知でしょうか。

 
 
花嫁さまは聖母マリアさまが着けていたとことから
 
その名が付いた「マリアベール」をご希望されていました。
 
 
マリアベールはレースを縁取りしていることで
 
ロマンティックな印象でありつつ、
 
華やかでもあり、

厳かでもある雰囲気をまとうのが特徴です。

 
 
 

ドレスに合わせてロングベールを検討したところで

様々なレースを実際にお顔周りに置いてみると、

主張がない方がバランスよく、

少し小ぶりのものに決定しました。

 

上の方に見えるのは、スカートの裾に飾ったレース。
どちらのレースも美しくお写真に収めてくださり、嬉しいです。

さらにイニシャル刺繍を施したことで

お小物までオンリーワンに。

 

ショートグローブも、

ブラウスと同じレースで統一して

お作りさせていただきました。

 

花嫁さまには、当日、細部まで美しいものを

身につけていただきたいので、

マスクもブラウスと同じ生地で。

 
 
ここで、お小物にまつわるエピソードをもう1つ。
 
お小物合わせの際、なんとご友人さまから花嫁さまに
 
お式のためのピアスの贈り物がありました!!
 
こちらのお写真に写っているものがそうなんです!
ちょっとエキゾチックな雰囲気のリボンのピアス、
サイズ感もバッチリでした!ご友人さま、さすがです。
 
花嫁さまは突然のプレゼントに驚いていましたが、

お二人の友情にわたしは嬉しく、

あったか~い気持ちに包まれました♡

お式当日のご友人さまとの3ショットも

とってもいいお写真!

 
(前編でも触れましたが、
ご友人さまは過去に当アトリエでドレスをご依頼されていて、今回の花嫁さまをご紹介いただきました。
こちらのHPでも、ご友人さまのドレスのdiaryもありますので、ぜひ探してみてくださいね♡)
 
 
 
お式を挙げられた場所は「軽井沢 石の教会」さま
 
 
教会といっても、祭壇も十字架もありません。
 
清らかな水の音が響き、光と緑が織りなす
 
自然の神秘に圧倒される空間が広がっています。
 

実は、アトリエ設立時から

多数の花嫁さまがこちらでお式を挙げているとあって

わたしとしても思い入れが強い会場さまです。

 

特に今回は、ドレスに始まり、

ブラウス、ベール、グローブまで

トータルにおまかせいただき、

ロケーションに寄り添いながらも

花嫁さまの雰囲気を最大限、

引き出すお手伝いができたかと思います。

 
 
石の教会の階段に、長いトレーンとベールがふわっと。
 
会場さまを意識しながらアイテムを決めていくのも

オーダードレスならではですね。
 
 
.
 
ナイトウェディングならではのシーン。
 
深まる夜空の色と純白のドレスのコントラストは
 
圧倒的な美しさで、感動が止まりませんでした。
 
花嫁さま、素敵なお写真をありがとうございました!
 
 
ではここで、お客様からいただいたメッセージを
 
ご紹介させていただきます。
 
 
——————————
 
お陰様で、一昨日無事に挙式を迎えることができ、
とても楽しい時間を過ごせました。
事前の指示書きのおかげで、現地スタッフの方も
着付けに関して完璧に理解してくださってました。
(ドレスもベールもめちゃくちゃ褒めていただけました)
後日、写真が出来た頃にでも〇〇(ご友人さま)と
一緒にご挨拶にお伺いさせてください。
素敵なドレスをありがとうございました。
 
——————————

そして実際に後日、素敵なお写真データとともに
 
お二人がアトリエにお越しくださいました!! 
 
 
 

 

結婚式を無事に結ばれたあとは、わたしも

かなりリラックスしてお客様をお迎えできるので、

純粋に楽しい時間を過ごさせていただきました。
 
 
振り返ってみれば、レース選びの際にはお二人から
 
レース選びって本当に『レース沼』ですね」
 

という発言まで飛び出し、(もちろん良い意味で!!)

レース愛好家?のわたしとしては、

まさにそれそれ!という気持ちでした。

 
それからというもの、ことあるごとに
レースにハマる花嫁さまをお相手に
「レース沼ですね」とちょっとドヤ顔しています。
 
 
パッと見はすごくクールな印象の花嫁さまですが、
 
実はユーモアセンス?!の光るお方なんです。
 
披露宴で持ち込まれたキャラクターのぬいぐるみも
 
ご覧の通り、そのギャップが最高でした♡
 
 

余談ですが、ご友人さまのゲストドレスも
 
同時にご製作させていただくことになりました。
 
そちらも別の機会にご紹介させていただきますので
 
ぜひお楽しみに!
 
 

 

生まれ持った髪や肌の色、体形…。

そして、これまで過ごしてきた人生が

あなたの個性や世界観を作り出しています。

 

唯一無二のそのすべてを、

オーダードレスで引き出してみませんか?

 

 

 

本日もここまでお読みくださり、

ありがとうございました。

 

さて、年末年始は

アトリエをお休みさせて頂いております。

詳しくは→【info】年末年始のお知らせ【2021】

 
 

ドレス生地を使ったフォーマルアイテムの新作を載せております、オンラインショップ「 Ligne douce (リーニュ ドゥース)でのご注文は大歓迎ですので、ぜひ年末年始はこの機会にごゆっくりご覧いただけましたら嬉しいです。

(ただ、ご発送は年明け1/5以降に順番に行わせていただきます。)
 

 

それでは、

本年もCarlier CoutureのHPをご覧いただきまして

誠にありがとうございました!

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

Bonne fêtes !

 

 

 

Carlier Couture

Emilie

関連記事